腰痛・ぎっくり腰

反り腰による腰痛の原因とセルフケア

長野カイロプラクティックには、いろんな腰痛の方がご来院されます。

その中でも反り腰による腰痛も多いです。

そこで今回は、反り腰によって腰痛になっている方へ

その原因と少しでも改善できるセルフケアを解説します。

まず、反り腰の原因ですが人それぞれ違います。

しかし、多くの場合背骨や骨盤のズレ、筋肉のアンバランス(腹筋・大腰筋・大腿四頭筋・ハムストリング等)の影響で反り腰になっているケースが多いです。

日常生活では、ヒールを履くことが多いことや猫背を気にして胸を張りすぎることで反り腰になっていることもあります。

反り腰に限らず、どんな不調でもこれまでの日常生活の中に原因を作る行動や姿勢がありますので

それを見直すことも大切です。

では、反り腰を少しでも改善するセルフケアをご紹介!

ハムストリングスを鍛える

反り腰の方は、骨盤が前傾(前に倒れている)しています。

この一つの原因として大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)とハムストリングス(太もも裏の筋肉)とのアンバランスにあります。

大腿四頭筋は固くなり、ハムストリングスは伸ばされている状態です。

ハムストリングスが弱いとも言えます。

そこでハムストリングスをトレーニングし大腿四頭筋とバランスをとれるようにするために

ハムストリングスの筋トレをご紹介。

◆ヒップリフト◆

  1. 仰向けになり、膝を90度に曲げます。両腕は画像のように体を支えるため体の横で床につく。
  2. 肩・腰・膝が一直線になるように、ゆっくり床から腰を持ち上げる。
  3. 肩から膝までが一直線になったら、しっかりお尻を締めるように力を入れ、10秒ほど姿勢をキープする。
  4. ゆっくり最初の姿勢に戻し、これを10~20回ほど行う。(最初は少なくてOK)

ヒップリフトは、お尻の筋肉も同時に鍛えれるのでヒップアップの効果も期待できます。

その他に腹筋も鍛えることもおススメです。

腹筋のやり方は、ご存知の方も多いと思いますしここでは割愛させて頂きます。

普段の姿勢・筋トレしても治らない場合は・・

長年、反り腰だった方など、普段の姿勢を気を付けたり筋トレなどを行っても改善できないことがあります。

その場合は、骨格の問題が大きいです。

骨盤や背骨のズレが慢性化するとセルフケアでは限界があります。

長野カイロプラクティックでは、多くの反り腰による腰痛の方が来院し改善、卒業されております。

ご自身では、どうしようもない頑固な反り腰や腰痛でお悩みの方は、当院へお気軽にご相談ください。

完全予約制

0924811404

24時間WEB予約

お問い合わせ

アクセス