お悩み別改善法

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

坐骨神経に原因があるために起こった痛みを坐骨神経痛と呼んでいます。坐骨神経は、腰から太ももを通って足先に伸びる神経で、この神経がどこかで障害を受けると坐骨神経痛が起こります。

坐骨神経痛は何か原因になる病気があるときに起こる症状であって、病名ではありません。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は主に3つあります。

・腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合
背骨には椎体という骨があって、この椎体と椎体の間に椎間板というクッションの働きをする軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアなのです。これが腰部の椎間板で起こると、椎間板が神経を圧迫し、坐骨神経痛が発症するのです。痛みがきついです。

・腰部脊柱管狭窄症が原因の場合
脊柱管というのが背骨の中にあり、その中に脊髄とそれに続く馬尾神経が通っています。この脊柱管が腰のあたりで狭くなると腰椎脊柱管狭窄症となります。
腰部脊柱管狭窄症を発症すると、馬尾神経を圧迫し坐骨神経痛を発症し腰の痛みや足のしびれなどの症状が出てきます。

・梨状筋が原因の場合
梨状筋が坐骨神経を圧迫することで起こる神経痛です。お尻の筋肉が硬くなっていたり、うまく使えていないことが原因で発症します。比較的軽度です。

坐骨神経痛の施術方法は

当院では座骨神経痛の症状がでている状態というのは、すべてそうだとは言えませんが腰痛を長い間放置していた結果、腰痛が悪化した状態と考えています。
腰椎椎間板ヘルニア・腰椎脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の根本原因は土台である骨盤の歪みによって引き起こされています。

・〇〇式整体法(ほぐしとマッサージ)
〇〇式整体法は、2ステップで痛みを改善させる整体法です。
ステップ1:筋肉・靭帯・関節をほぐす
ステップ2:歪んだ部位を整える矯正

ステップ1で強張って硬くなっている筋肉を丁寧にマッサージをしてほぐしていきます。
当院では痛みを我慢しないといけないようなマッサージはお勧めしません。それは施術を受ける方が緊張して力が入ってしまい自然治癒力、すなわち自分で治ろうとする力の邪魔してしまうからです。
当院のマッサージは普通の整骨院でしているマッサージとは違い、きつくて痛いマッサージではなく、ソフトで眠ってしまいそうな気持ち良い医療マッサージです。腰の筋肉(脊柱起立筋・腸腰筋・腰方形筋)、お尻の筋肉(大臀筋・梨状筋)から下肢、足の筋肉(ハムストリングス・腓腹筋・長腓骨筋)へと坐骨神経の通り道に沿って、強張って緊張している筋肉や痛みのきつい個所を中心にマッサージをして痛みを取っていきます。

さらにステップ2で骨盤の歪みと腰椎の歪みによって引き起こされていますので、左右に骨盤をソフトな力で揺らして骨盤と腰椎の矯正をすることによって腰椎と腰椎の間隔を広げていき、骨盤と腰椎がスムーズに動くようにして座骨神経が圧迫されている圧迫を取り除いていきます。
ソフトに揺らしますので心地いいと良く言われます。

●原因が違う坐骨神経痛の施術方法

腰椎椎間板ヘルニアによって坐骨神経痛が発症している場合は、ステップ1で筋肉・靭帯・関節をほぐし、ステップ2で腰椎の矯正をすることによって腰椎と腰椎の間隔を広げていき、腰椎がスムーズに動くようにしてヘルニアによって坐骨神経が圧迫されている圧迫を取り除いていきます。

腰椎脊柱管狭窄症によって坐骨神経痛が発症している場合も、ステップ1で筋肉・靭帯・関節をほぐし、ステップ2で腰椎を矯正することによって腰椎の真ん中の狭くなった脊髄の通り道を広げて圧迫されている坐骨神経を解放していきます。

施術を行い、なぜよくなるのか

骨盤を正しい本来の位置に戻さなければ坐骨神経痛の症状は決して緩和することが出来ません。それに伴って歪みが生じている背骨の歪みも取っていく必要があります。
骨盤及び背骨を矯正していくことによって、背骨の中を通っている脳脊髄液の流れがスムーズになり、神経や血管の流れも正常なものになっていくのです。そして回数を重ねる毎に自然治癒力が強くなる故に、痛みや疲れがどれほどあったとしても、夜寝て朝起きると痛みや疲れが取れて楽になっているという身体に改善されていくのです。

完全予約制

0924811404

24時間WEB予約

お問い合わせ

アクセス