お悩み別改善法

長時間座ったあと立つときに腰が痛い

長時間座ったあと立つときに腰が痛いの原因

長時間座ったあと立つときに腰が痛い場合の原因の多くは、腰の筋肉である「大腰筋」が問題のことが多いです。
しかし、それは骨盤や背骨のアンバランスによって理想的な座り姿勢が取れなくなり
腰の筋肉に過度な負担がかかっている場合が多いです。
そのため、痛みに繋がっている筋肉が直接的な原因ではありますが
その筋肉に負担が軽減するよう骨格調整も同時にする必要があります。

長時間座ったあと立つときに腰が痛いの施術方法は

長時間座っていてもそこまで痛みがないのに、立つときだけ「ズキッ!」や「ビリッ!」と痛みが走る方がいます。
これも座り姿勢に問題があることが多いのですが、特に「大腰筋」という腰の筋肉に問題があることが多いです。
長時間座っていると、この大腰筋が縮んでいる状態なのでそのまま大腰筋が固まってきます。
その状態でいざ立とうとすると、固い大腰筋が一気に引き延ばされ腰に痛みが走ることが多いです。
大腰筋のストレッチが効果的なのですが、その場しのぎになります。
そのため大腰筋への負担が少ない姿勢になることが一番です。
長野カイロでは、その原因を調べ背骨や骨盤矯正・筋肉への施術を行います。

完全予約制

0924811404

24時間WEB予約

お問い合わせ

アクセス