腰痛

毎年、ぎっくり腰になる方へ

福岡市博多駅前のカイロ整体 長野カイロプラクティックです。

今回のテーマは「ぎっくり腰」です。

 

季節の変わり目になると、毎年のようにぎっくり腰の患者様が増えます。

10月になり1日の気温変化も大きくなってきています。

このような気温変化が大きい時期にぎっくり腰になってしまうことが多いです。

では、ぎっくり腰になりやすい方は、どんな人に多いのか?!

 

  1. 慢性的な腰痛がある方
  2. 首肩や膝など腰以外の痛みがある方
  3. 毎日、同じ姿勢が多い方

 

この三つどれかに当てはまる方は、ぎっくり腰になるリスクが高いです。

もちろん全て当てはまる方は、よりぎっくり腰のリスクが高くなります!

しかし、ここで勘のいい方は、気温変化との関係が無いではないか!!

と思っているかもしれません。

 

 

気温変化との関係もご説明します。

上記のなりやすい方は、何かしらの症状を抱えている方と言い換える事ができます。

そのような慢性症状を持っている方は、筋肉や関節・神経に何らかの不具合を生じています。

そのような方は、気温変化に柔軟に対応できません。

そのため、自分の感覚と体の状態との「ズレ」が生じます。

感覚では、動けると思っても実は体はガチガチに固まっている・・

そのような状態になりやすくなります。

そのため、ちょっとした動きや姿勢でぎっくり腰になることが多いです。

重いものを持って「グキッ!」となることの方が実は少ないのです。

朝顔を洗う時に体を少し曲げた瞬間や何か物を拾う時など

日常の何気ない動作で痛みが走ることが圧倒的に多いのが現状です。

 

 

ここで、もしぎっくり腰になってしまった場合の初期の対処法をご説明します。

何度もぎっくり腰になっている方はご存じかと思いますが

まず、痛い部分を冷やすことです。

温めてしまうと痛みが増加することが多いです。

それは、「炎症」を起こしてしまっているからです。

炎症を起こすと熱を持ち腫れてきます。

足首の捻挫をイメージして頂くと分かると思いますが

足首の捻挫も炎症です。

ぎっくり腰は、腰の捻挫と思ってもらうと分かりやすいかと思います。

そのため、初期は冷やすことが大切です。

冷やすことにより早く炎症を抑える事ができるので

激痛が早期に解消されていきます。

しかし、炎症を抑えてしまえば激痛は治まりますが

「ぎっくり腰になる原因」の解消は出来ていません。

毎年のようにぎっくり腰になっている方の殆どは

このぎっくり腰になる原因が治っていないため繰り返しています。

 

 

では、その原因何なのか?!

それは「筋肉・関節・神経」に何らかの不具合が生じていますので

これを改善させることで、ぎっくり腰から卒業できます。

 

毎年、ぎっくり腰になっている方で

繰り返したくない方は、長野カイロプラクティックがお役に立ちます。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

完全予約制

0924811404

24時間WEB予約

お問い合わせ

アクセス