お悩み別改善法

指や手首の腱鞘炎が長引く

指や手首の腱鞘炎が長引く方の原因

指や手首の腱鞘炎の方は、まず病院でしっかり検査し診断していただきましょう。
それでも指や手首の腱鞘炎が長引いてしまう方は、別の原因が考えられます。
その多くは、腱鞘炎の場所に原因があるのではなく肘周りや肩の影響によって過度に負担がかかっているため、炎症がなかなか治まらないことが多いです。
また、肘や肩がも体幹(背骨・骨盤)からの影響を受けますので
腱鞘炎が長引く方は、体全体を調べる必要があります。

指や手首の腱鞘炎が長引く方の施術方法は

指や手首の腱鞘炎が起きている場所に原因があれば
それに対して、施術を行います。
しかし、長引く方の多くはその場所に原因が無いことが多いので
肘や肩、体幹にある根本原因を見つけ
筋肉調整や骨格矯正を行い、結果腱鞘炎になっている場所の負担を取り除く施術を行っていきます。
このようなケースは、早く炎症が治まることが多いです。
しかし、今後再発しないよう根本原因をしっかり治しておく必要があります。

完全予約制

0924811404

24時間WEB予約

お問い合わせ

アクセス